? ? ?

脱毛時に施術できないといわれるお肌の状態は?

  • ??? : user30150
  • 10月 5, 2015 3:50 pm

家庭用脱毛機器も技術の進歩により業務用機器で使われる光脱毛方式を取り入れる製品が増えてきました。
元々はエステサロンの光フラッシュ脱毛機器の技術を家庭用機器に転用したものですね。
光により脱毛を行う脱毛器の場合、カートリッジを必要とするのが一般的になります。
カートリッジは使い終わったら交換しなければならず、何回使用が可能なのかは商品ごとに差異があります。
維持費を抑えるためには、脱毛器を購入する際に1つのカートリッジで照射できる回数が多いものを選択することが大切です。
サロンで行う光脱毛は安全な脱毛方法ですが、お肌の状態や持病などによっては、施術できない場合もあります。
一方で、「アトピー体質だけどOKだった」という話も聞きます。
これは本人のそのときの状態によるのと、脱毛サロンの施術方法の違いによると思われます。
ですから、お店でカウンセリングを受ける際に伝えるようにしましょう。
あるいは、サロンや脱毛方法を選ぶ前に、行きつけのお医者さんで先に相談して許可を得ておくと良いでしょう。
皮膚科で光学的な治療をしている場合にはカウンセリング時に伝えておいたほうが良いことも教えてくれると思います。
サロンでは個人に合った施術を提供するためにカウンセリングを行なっているので、持病を隠すと、持病の治療に影響を与えたり、深刻な状態になってしまうこともあるので、注意が必要です。
病気や体質が改善されれば施術ができたり、ほかの方法を実施しているサロンで安全な施術を受けることもできます。
正しい選択をするために、自分の状態については正直に伝えましょう。
その点、医療機関のクリニックで行う医療脱毛は、常駐する医師の診断に基づいてカウンセリングから脱毛まで行うので安心です。
医療脱毛の大手といえば湘南美容外科クリニックですね。
湘南美容外科立川院は、医療脱毛だけでなく美容形成全般を高い医療技術でカバーしていますので、あらゆるトラブルにも対処してくれる安心のクリニックです。